飛魚はなぜ『あご』と言われているのか?

   

22私のハンドルネームということもあり、
あごだしを使っている時に
ふと気になりました。
 

▼なぜあごと言われているのか?

由来は諸説あります。
  • 顎(あご)が落ちるほど美味しい
  • 食べる時、硬いので顎を使う
  • 飛魚を前から見ると、アゴが出ている 
等言われておりますが、
実は・・・
時はさかのぼりフランシスコ・ザビエルの時代、
平戸に多くの宣教師が訪れておりました。
ある日舟に乗っていた宣教師は、
海上を飛ぶ飛魚を見て「・・・agoo!」と叫びました。
その言葉を聞いた日本の船乗り達が印象に残った言葉が、
解り易かった語尾の「・・・agoo!」だった事から、
飛魚を「アゴ」と呼ぶようになりました。
この話を知っている人は地元、
平戸でもほとんどいません。
飛魚の学名が
(cypseluruns agoo agoo)
である事からもこの説は有力です。
 

▼agoo!って(笑)

まさかこんな由来があるとは
衝撃の事実です。
調べてみるもんですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 - 雑記