厚労省が初めてブラック企業名を公表、去年まで保有してたんだけど・・・

      2016/05/30

▼NHK NEWS WEB
違法な長時間残業と判断 厚労省が初めて企業名公表
千葉市にある棚卸し業務の代行会社、エイジスで、従業員のうち63人が、違法に月100時間を超える残業をさせられていたということです。
 
厚生労働省は去年、長時間労働を防ぐ対策として、全国に展開する大手企業について、行政指導の段階で企業名を公表することを決めましたが、企業名が公表されたのは今回が初めてです。
 
エイジスは「是正指導の内容を真摯(しんし)に受け止め、すでに社長を委員長とする社内プロジェクトを立ち上げ、労働時間管理の徹底や業務の効率化などの取り組みを始めています」とコメントしています。

▼エイジス

私は買値から倍以上になったので
去年売却したのですが、
業績は絶好調で超優良銘柄です。
投資家視点では・・・
 
絶好調な企業ほど
従業員を犠牲とした
ブラック化が進むのでしょう。
 

▼不正を強要していた社長が委員長

意味ないんじゃ?
 

▼1社だけの公表をどう見るか?

エイジスがよっぽどひどかったのか?
絶対そんなことはないでしょう。
他の企業も調べれば、
腐るほど出てくると思います。 

▼改善策

不正を働いている企業数に対して
対応する人数が少なすぎるのでしょう。
 
不正を働いた企業から
罰金をたんまり頂く。
そのお金で、調査メンバーを増やす。
この永久ループで
ブラック企業なくなるんじゃないでしょうか?
 
ぜひ実施して欲しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 - 時事ニュース