実現なるか?スイス、ベーシックインカムの世論調査結果

   

▼IBTimes
スイスでは6月5日に国民投票が行われる。そのうちの案件の一つ、最低生活保障(ベーシック・インカム)の導入を求めたイニシアチブ(国民発議)では賛成が過半数を下回ることが、投票日から1カ月以上前に行われた今回の世論調査で明らかになった。導入賛成派は有権者を納得させられておらず、敗北への道を突き進んでいるといえる。
 
スイスインフォの親会社であるスイス放送協会(SRG SSR)が行った第1回世論調査によると、ベーシック・インカム導入案に賛成するとした人は24%、反対は72%、4%がまだ分からないと答えた。
実現は絶望的と言わざる得ません。
モデルケースとなってくれると
日本もやりやすかったのですが、
非常に残念です。
 
ベーシックインカム(以降BI)は
問題が多い政策ですが、
AI・ロボット化によって生産性が
高くなると仕事自体が減っていきます。
 
現状の社会保障制度では
対応しきれないので
BIでなかったとしても 
将来的には所得制限付き給付等、
それに変わる新たな政策が
必要になってきます。
 
▼私なりにBIについてまとめています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 - 雑記ニュース