FXのレバレッジ規制、25倍から10倍への引き下げ見送り

   

▼Bloomberg
金融庁は外国為替証拠金取引(FX)規制の一環で検討していた証拠金倍率(レバレッジ)を現行の25倍に据え置く方針を固めた。
 
今年、一番の懸念事項であった
FXレバレッジ規制が見送りになって一安心です。
 

▼FXレバレッジ規制目的

店頭FXの年間取引は約5000兆円
市場が急変した際に個人投資家のポジションの手じまいなどが集中すれば、
店頭FX業者では対応しきれず、金融システム不安に発展しかねない為
※なぜか店頭取引のみの規制で金融取引(くりっく365)は対象外
 

▼見送り理由

リスク回避以上に、海外FX業者や仮想通貨取引への顧客流出するだろうという懸念
 

▼感想

金融庁は店頭FX業者保護を目的と言ってましたが
もし規制がはいった場合、
ハイレバレッジで取引していた人は
別のハイレバレッジの取引をするだけなので
FX自体の取引量が減って
店頭FX業者がいくつか潰れたんじゃないでしょうか。
 
店頭取引のみの規制だったことにより
『金融庁の天下りポスト確保のために優遇されているんじゃないか』
とも言われていたりと
今回の規制には理解しがたい部分が多かったので
本当に見送られてよかったです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 - FXニュース