ファイナンシャルプランナーに憧れていた

      2016/05/03

そんな時代もありました。
 
セミリタイアをしている、
または、しようと思っている人は
お金に詳しい人が多いと思います。
 
セミリタイアしようと思うと、
一番のネックがどうしてもお金になってしまうので
まずはお金の勉強をする人が多いと思います。
少なくとも私はそうでした。
 

▼ファイナンシャルプランナーについて

お金について勉強していくうちに
ファイナンシャルプランナー(以降略称のFP)
という職業に興味が出てきました。
 
とりあえずどういうものか勉強の為に、
国家資格の
ファイナンシャル・プランニング技能士3級
の資格を取得しました。
 
勉強した結果、私には向いていない
これは違うと思いました。
 
日本ではまだビジネスモデルが確立されておらず、
「独立系FP」はコネや知名度がないと厳しいと感じました。
FPに有料で相談している人って
日本ではあまりいないと思います。
 
「企業系FP」は
「顧客の利益を最優先することにより顧客より報酬を得る者」
と定義されているらしいので、
お客としてFPと相談する場合、
顧客に適した商品でなく
自分が手にする手数料の高い商品を
お勧めする人が多い為、注意が必要です。
 
後、私の知識は偏っており、
FP試験には興味ない分野が多すぎました。
 
FPを目指す人への試験なので
当たり前なのかもしれませんが、
 
試験の内容に不動産とか相続とか保険とか
自分に興味のない範囲を
勉強するハメになりました。
当然、今は内容忘れてますよ。
 
2級は分厚い参考書を購入して、
ざっと読みました。
やばい興味なさすぎる。
参考書は結局、ブックオフへ
ドナドナされることになりました。
 

▼資格について

ファイナンシャルプランナーの資格は
ファイナンシャルプランナーになりたい人以外は
いらないと思っています。
 
資格試験全般に言えることですが、
合格する為には勉強したい範囲と違うところを
がっつり勉強させられることになります。
 
  • 給料が上がる
  • 就職に有利になる
  • 仕事で有利になる
でない限り、資格っていらないと思います。
 
資格20個以上持っていて
腐らせている私が言うんだから間違いない。
 
資格関係なく、興味ある分野だけ
勉強すればよいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 - 雑記