即断・即決・即行動が大切と感じた、子カルガモを救出した時の話

   

とある川の平たい穴の開いたテトラポットで
カルガモがウロウロしていました。
 
何をしているのかとしばらく見ていると
穴から小さい何かがチラッと見えました。
 

▼子カルガモが穴にハマって、親が探していたんです

近くに移動して、穴の中を確認すると
子カルガモが穴にハマり、
自力で脱出は不可能そうな感じでした。
 

▼その時の私のテンパった行動

1.親カルガモにジェスチャーで子カルガモの位置を教える

当たり前ですが、まったく伝わりませんでした。
そして伝わった所で、親カルガモが救出できるとも思えません。

2.手を突っ込んで救出を試みるが・・・

全力で子カルガモ逃げる。
追っていくと、その先に何か赤いものが・・・
ビビッて手を引っ込めて確認してみると、
なんとカニが!?
なんでこんなところにカニがという驚きもあったのですが
手を挟まれたら嫌だなとビビッてしまいました。

3.ポクポクチーン(考え中)

考えた結果、そこら辺の草を引っこ抜き、
草でカニじゃない方へ子カルガモを誘導して
無事救出できました。
 

▼その後

これだけ聞くといい話だなで終わりそうですが、
いつの間にか親カルガモはいなくなっていました。
集中していた為、全然気がつかなったです。
 
救出した子カルガモは
尋常じゃないスピードでどこかへ逃げて行きました。
 
 
救出にかかった時間はだいたい3分ぐらいですが、
  • 親カルガモへのジェスチャー
  • カニに対する恐怖
この辺の行動がなければ、
親カルガモと仲睦まじい姿が見れたんじゃないか?
とかなりモヤッとしています。
 
投資では即断・即決・即行動が重要ですが、
普段の行動でも大切だと感じた出来事でした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 - 雑記