仕事でも役立つセミリタイアを加速する2つの技術

      2016/04/09

私は早い時期から会社を辞めることを
意識していた為に
汎用的なスキルを身に付けています。
 

▼絶対に必要な技術

それはインプットアウトプットでしょう。
何でも応用が利くので
セミリタイアに最適な技術だと思います。 
 

▼インプット技術

速読を勉強するのがいいでしょう。
 
私はSP速読学院に通っていたのですが、
仕事が忙しくて物理的に行けなくなり
途中で挫折しております。
 
強い意志で努力を継続できる方でないと
絶対に続かないと思います。
 
正直くっそつまらんです。
ただ続ければ確かに速くはなると思います。
 
継続的に時間が取れる方で
お金がある方なら
行く価値はあると思います。
 
私は挫折はしましたが、
ポイントは抑えているので
普通の人の3倍以上の速度は
出ていると思います。
 
せっかくなので
あまり努力しなくても
早く読めるこつをお伝えしたいと思います。
 

▼黙読をやめる

大抵の人は意識しないと、
心の中で声を出して
読んでしまうと思います。
 
これを意識してやめることにより
読むスピードが加速します。
 

▼中心視野を意識する

人の目は
文字がはっきりと見える、中心視野と
ぼんやり見える、周辺視野があります。
 
中心視野を意識して
無駄のない視点移動を意識することにより
読むスピードが加速します。
 
私の記事は横幅が短いので
行の真ん中あたりに視点を合わせて
下にずらすことによって
ほとんど視点を動かさずに
読むことができるはずです。
 
横長の文章も中心視野を意識して
無駄のない動きを心がけて下さい。
 
読む速度の限界は
中心視野の移動で決まります。
 
速読の達人はこの中心視野が広いです。
サッカー選手なんかもとても広いです。
 

▼読むスピードを切り替える

多くの情報の中で
自分にとって必要な情報はわずかです。
 
多くの情報を全部じっくり読んでいると
時間がいくらあっても足りません。
 
意識して早く読んでみて下さい。
だいたいの内容がわかるはずです。
 
その内容で読む価値が
あるかどうかを判断すればよいのです。
読む価値があると判断したら、
ゆっくりと読み返せばいいのです。
 
小説等、ゆっくり味わって楽しみたい場合は
急ぐ必要はないのでゆっくり
読めばいいと思います。
 
何事も使い分けが大切です。
 

▼アウトプット技術

高速タッチタイピング技術を
勉強するのがいいでしょう。
 
私もいろんなタイピングソフトで
練習しました。
 

▼無料ソフト

タイプウェル』が一番おもしろかったです。
ランキングが熱いです。
私も殿堂入り候補まではいったのですが、
ここの人達のレベルは人外です・・・
 

▼有料ソフト

技術が一番早く身に付くソフトは
 

だと思います。

シンプルですが、基礎が詰まっており、
私が最初にタイピングを覚えたソフトです。
 
いろんなゲームをやりましたが、
未だにこれを超えるものには
出会っていません。
 

▼基礎ができたら

ポイントサイトで非常にお手軽に
タイピングのお仕事ができます。
単価は安いですが、
練習しながらお金がもらえると
考えるとお得です。
 
▼キャンペーン等で多少の誤差はありますが
 どこも似たようなものです。

▼目標は?

私は日本語、英字共に
分速500打ぐらいにはなりましたが、
ある程度の速度になると、
伸びが悪くなる為、
伸びなくなったら辞めるのが懸命です。
 
ただ、無理をする必要はないですが、
分速300打ぐらいまでは
誰でも到達可能だと思いますので
そこまではがんばりたいところです。
 
速度を意識すると、小指と薬指が思った様に
動かないことに気がつくと思います。
ピアノをやっている人なんかは
本当に上達が早いです。
 

▼まとめ

 ▼インプット技術
  • 黙読をやめる
  • 中心視野を意識する
  • 読むスピードを切り替える
これを意識するだけで
普段の3倍速で情報を
収集できると思います。
 
▼アウトプット技術
入力速度がアップすることにより
思考も加速します。
 
 
インプットとアウトプットの
技術を磨いて
セミリタイアを加速させましょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 - セミリタイア