決算が悪かった株を売るタイミング

      2016/11/03

決算が悪かった株は
  • 含み益
  • 騰落レシオ
  • 割安度
で売るかどうかの判断します。
 

▼騰落レシオとは

東証一部全銘柄を対象に値上がり銘柄数と値下がり銘柄数の比率から繁閑度を見ようとする指標
 

▼含み益がない銘柄

問答無用で売ります。
損失が確定できる為、税金を減らせます。

▼騰落レシオ

これが高い場合は問答無用で売ります。
相場が過熱しているので
決算関係なしに下がる可能性が高いです。

▼割安度

含み益がある銘柄で
騰落レシオが低い場合は
割安度を判定します。
 
税金を払いたくない為、
決算が悪くても割安度が高い状態であれば
継続保有です。
 

▼売却後の行動

騰落レシオを参考に
高い場合は放置
低い場合で割安度が高い場合は買いなおします。
 
決算が悪い株はずるずる下がる可能性が高い為、
買い直しは非常にやりやすいです。
 

▼こんなやり方をしていると持ち株が含み益だらけ

今もNISA銘柄以外、全て含み益状態です。
ただ全銘柄含み益状態が長く続いたことはない為、
今の相場は警戒が必要かもしれません。
 

▼このやり方とNISAは本当に相性が悪い

NISAは損益通算が出来ない為、
損切りのメリットがかなり薄いです。
その為、不本意ながら含み損銘柄が長期滞在しています。
難平しようにもNISA枠が少なすぎる為、
お気軽に出来ません。
本当に使いづらいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 -