自民党、高所得の高齢者を"負担増"へ

      2016/05/03

自民党の小泉進次郎議員らは13日、社会保障制度改革についての提言を発表する。提言では所得の高い高齢者に、社会保障費の負担増を求める方向性を打ち出す予定。社会保障費を抑制するため、病気予防や高齢者の再就職を積極的に支援していく方針も盛り込む。
非常にいい方向性だと思います。
 
どう考えても、
高齢者の負担増が必須なのに
今までは選挙を意識してか
なかなか手をつけなかった所です。
さすが小泉進次郎さん。
 
でも高所得者の高齢者って
一番賢い人達だからなぁ。
実現は難しいでしょうが、
応援したいです。
 

▼私の案

▼年金

年金の支払いを納税額関係なく
生活保護も含めて一律にしたら
いいんじゃないかと思います。
 
若い時期の税負担も減らして
老後は最低限の年金で
後は自己責任でいいと思います。
  
消えた年金とかいう
アホな問題もなくなるし、
人件費もごっそり減らせるしね。
 
まぁいきなりだとあれなので
ちょっとずつそういう形に
シフトしていけばいいと思います。
 

▼医療費負担

高齢者優遇の医療費負担割合も
意味がわからないので、 
生活保護も含めて
一律3割負担でいいと思います。 
 
金は命より重いんです。
 
長生きしたかったら、
健康管理をしっかりするか
お金を貯めましょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 - 雑記ニュース