空気を読みすぎる人はセミリタイアに向いている

   

▼THE HUFFINGTON POST
空気を読むということは、主体性がなく「やらされ感」がある。
自分が損をしていると感じる。
 
空気を読むとは、一人のときには発生しない現象です。
 

▼空気を読む人の

周りは楽だが、
読んでいる本人は結構つらいもんです。
 

▼私自身も空気を読んでいましたよ

若いころは、
人の言うことを聞かない人間でしたが、
日本で社会人を何年か続けていると
自然と空気を読める人間になってしまいます。
 
私自身は空気なんぞ
読みたくありませんでしたが、
読まないことによる
デメリットが大きすぎるので
嫌々ですが、空気を読むようになりました。
 

▼気を使っている人ほど

会社を辞めた後の解放感は格別です。
今後は気を使わないでいい人とだけ
付き合えばいいですしね。
 
もう相手の都合に合わせなくてもいいんです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 - セミリタイア