1日の労働時間、旧石器時代は3時間だった

   

▼旧石器時代

  • 打製石器
  • 狩猟・採集・漁労
  • 移住生活
  • 毎日働く必要はなく、1日3時間程度の労働で十分な食料が確保できた
  • ただし、食料の保存はしなかった為、食べられない日もあった

▼新石器時代(縄文時代)

  • 磨製石器
  • 農耕と牧畜が追加
  • 定住生活
  • 農耕の為、休みなく働く必要があった
  • 食料を保存する様になった

▼産業革命

18世紀半ばから19世紀にかけて起こった一連の産業の変革とそれに伴う社会構造の変革
産業革命の時は1日14時間労働
 
文明の進化にともなって労働は過酷になった。
今更、旧石器時代の生活をしろと言われても厳しいですが、
旧石器時代の労働時間が3時間だったと聞くと
いろいろ考えさせられます。
 

▼ミニマリストは旧石器時代に近い?

物をあまり所有せず、
移住も楽々にできる。
 
旧石器時代の生活に近づけることで
労働時間も減らせる
 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 - 書籍