マイケル・ムーア「日本人は、マジで休みを取って、人生を楽しむべきだよ。」

   

▼シネマトゥデイ
新作『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』が公開中のマイケル・ムーア監督がインタビューに応じ、新作に込めた思いや日本人に対して思っていることを熱く語った。
 
日本人は「イタリア人から学ぶことから始めてほしい」というムーア監督。イタリアでは年間8週間の有給休暇が普通に認められるという驚愕の事実が紹介されている本作に絡めて、「日本人は、マジで休みを取って、リラックスして、人生を楽しむべきだよ。めちゃめちゃ働いても経済は破綻する時は破綻するんだ。働きすぎてもいいことなんてないよ」とメッセージを送っていた。
おっしゃる通りです。
いつからこんなに働くことが当たり前となったのでしょうか?
 
『年間8週間の有給休暇が普通に認められる』
上記制度があれば、
私も会社を辞める必要はなかったでしょう。
 

▼経済は破綻する時は破綻する

これは本当にその通りでしょう。
個人のがんばりなんて一切関係なく
破綻する時は破綻するでしょう。
 
ただ、そのことを心配したところで
未来のことはわからないので
働く時間を減らして
人生を楽しんだ方がいいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 - 雑記