「一億総活躍」を恐れる人が急増中!60歳過ぎたら働きたくないでござる

      2016/05/03

▼週間現代
人手不足や、年金の先行きが厳しいことは、よく分かる。60過ぎても70になっても「活躍」しろというのも、正論だ。でも、今までだって必死でやってきた。もう休ませてくれてもいいじゃないか。
 
『延長するかどうかは各人の自由』ということになっていますが、社内の雰囲気は『せっかく雇ってもらえるんだから、給料が安かろうと、5年くらい恩返しと思って働け』という感じ。妻も『会社が雇ってくれるって言うのに、辞めることないじゃない』と言っています。しかし、今更そう言われても……」
 
机の引き出しには、いつでも出せるように辞表を用意しているんですが……完全にタイミングを逸してしまって、3年前に早期退職を決心した時のような踏ん切りが、なかなかつかないんです。老後の不安はないと言うと、ウソになりますし
 
私が責任者ですから、辞めるとも言いづらい。しかし、来年60歳を超えたら、1年ごとに契約をやり直さなくちゃいけなくなるし、給料も半分になって、残業代もなし。
嫌なら辞めたらいいのに
としか思えない
 
この歳になって
それすら自分で決められないの?
 
周りの空気何それ?
 
安倍総理が
死ぬまで総活躍プラン』を提唱して
定年を死ぬまでとしたら
同じ文句を言って死ぬまで働くのだろうか?
 
文句を言ってる人は
早期リタイアしている人の
垢を煎じて飲むべきだな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 - 雑記ニュース