現在の奨学金を拡充するより、授業料10万円以下の通信制大学を広めよう

   

▼おときた駿
特筆すべきは授業料です。
なんと10万円以下!!
 
こうした通信制大学の価値はもっと見直されてしかるべきだと思います。
 
レジャーランド化する大学の学費を無償にする前に、学費十数万円の通信制大学の地位向上を!
 
そもそも日本の大学の学費は戦後一貫して上昇を続け、
私立・国立ともにとんでもない授業料になっています。
その学費・初年度納入金はなんと世界一とも。
 
で、そこで注目されるのが冒頭の通信教育制大学。
初年度納入金も20万程度で、トータル50万円弱で学士を得ることが可能です。
しかも、社会人になってからも通うことができる
最近、奨学金の滞納が話題になっています。
 

▼返せない理由

  • 卒業後、十分な収入を得られる職に就けていない
  • 大学の学費が高すぎる 
どんなに収入が低くても
支出を減らせば返済可能だと思うので
現在借りてしまった人に関しては
救済は不要でしょう。
救済すると真面目な人が
馬鹿をみる不平等な社会になります。
 

▼今後の対策

『返済できる仕事につけない』
大学へ進学させないこと。
と書いていたのですが
少し考えが変わりました。
 
通信制大学の授業料の安さを知ったからです。 

▼理想の世界

  1. 大学の補助金を大幅カット
  2. その分を高卒年齢の人に学校教育に使用目的を限定した「クーポン」を配布
  3. クーポンを使用することにより、安い授業料の通信制大学は実質タダで行ける様になる。 
お金にゆとりのある方や、
返済に自信がある方は
従来通りの大学に進学すればよいと思います。
 
そうでないならば、
働きながらスキマ時間で通信制大学
 
国はみんなが実質タダでいける
通信制大学を広め、
レベルを上げることにより
みんな平等にレベルの高い教育を
受けることができるようになります。
 
レジャーランド化した大学はもう不要です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 - 奨学金