『新入社員が定時に即帰る』が市民権を得た

   

▼DIAMOND ONLINE
「新入社員が定時になると即帰る、アイツはだめだ」
 
新入社員の立場からすれば、「仕事が終わっているからいいでしょう」と言いたくなるかもしれません。しかし、上司世代には彼らがいつも定時に帰るという行動が理解できないのです。
 
▼J-CAST
「給料は少なくても、残業がない方がよい」が50.7%と、
「残業は多くても、給料が多い方がよい」の49.3%をわずかながら上回った。
 
上司世代には理解できないかもしれませんが、
若い人の多数派は定時に帰りたいのです。
サービス残業なぞ論外なのです。
会社に尽くしても報われないとわかっているのです。
 
『赤信号みんなで渡れば怖くない』
ではないですが、多数派になれば
ある程度、定時に帰りやすく、
今の新人はうらやましい限りです。
 
 
 

▼サービス残業が許容できない理由

正直、サービス残業だけを切り取れば
仕事を前倒しして、余裕ある仕事をしたいので
別にやってもいいんですよね。
仕事が前倒しできれば
有給休暇も取得できますしね。
 
ただ現実には、
有給休暇を取得することはできません。
なぜならサービス残業をやると、
その分、仕事が増えるだけだからです。
 

▼定時で帰れる人間の方が優秀

私の場合、早く帰る為に
毎日、必死に知恵を絞っていました。
ただ・・・チームプレイということもあり、
現実は厳しかったですが、
何も考えていない状態よりは
確実に早く帰れていたでしょう。
 
定時退社すること自体、
超難易度なので、
定時退社をしたうえで、
周りから文句がでない様な人は
超優秀な人材でしょう。
 
超優秀は人は仕事が集まってくるので
定時退社するには
  • 仕事を断り続ける能力
  • 断り続けても、文句がでないだけの人間性
  • 圧倒的実力
が必要でしょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 - 雑記ニュース