「毎日がつまらない」中年男性72%、だから私は会社を辞めた

      2016/05/14

▼日刊SPA
35~49歳の中年男性300人に聞いたところ、普段の生活で「つまらない」と感じる頻度が「増えている」「どちらかといえば増えている」と答えた男性は、実に全体の72%。中でも約半数の男性が、つまらない原因は「仕事」にあると答えている。
 
人間には“変化領域”と“現状領域”がある。20代は、変化にさらされるストレスの代わりに成長感が得られる“変化領域”にいるが、30~40代は安心や安定と引き換えに停滞感を感じる“現状領域”に入っていき、そのカラは厚くてなかなか抜け出せません
非常に共感を覚える記事です。
会社を辞めていなければ、
私も同じ状態だったでしょう。
 

▼会社を辞めてよかったか?

正社員神話や
再就職の難しさも知っていたので
辞めるのにかなりの抵抗がありましたが、
今のところは辞めてよかったかなと思います。
雇用元にはかなりの不満がありましたしね。
 

▼セミリタイア生活はどうなのか?

毎日、面白く、
つまらないと思ったことはないのですが、
少しだけ飽きてきました。
 
いずれ何か始めたいと思います。
無職を一時的に脱出することもあるかもしれません。
 

▼つまらないと感じている方は

セミリタイアを目指してはどうでしょうか?
つまらないことは
自然とやらなくなるので
つまらないと思うことはなくなります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 - 統計