国民が豊かな国ランキング!日本は6位

   

▼ZUU online
この調査は大手国際金融グループ、ドイツのアリアンツが、
各国の不動産以外の個人資産と人口に基づいて算出した「国民の実質的な豊かさ」を表したもの
 
首位のスイスを始め相対的に欧州国が目立つが、アジアからは台湾とシンガポールもトップ10にはいっている。
 
かつて「アジア一の富裕国」といわれた日本国民の富が年々後退しているのに対し、富裕層が増加傾向にあるアジア圏では多くの国の個人資産が着実に成長している。
 
▼国民が豊かな国ランキング
20位 フィンランド
19位 アイルランド
18位 ドイツ
17位 オーストリア
16位 フランス
15位 イタリア
14位 オーストラリア
13位 ニュージーランド
12位 イスラエル
11位 カナダ
 
10位 シンガポール
9位 オランダ
8位 台湾
7位 デンマーク
6位 日本
5位 ベルギー
4位 スウェーデン
3位 英国
2位 米国
1位 スイス
日本の暗い未来を考えると
あまり豊かなイメージがないのですが、
豊かな高齢者が多い、現時点では豊かなのかもしれません。
ただ、このままいくと毎年順位を落としていきそうです。
 

▼1位:スイス

米国より上なのか
でも妙に納得してしまいます。
世界からお金が集まってくる国は
豊かなのですね。
 

▼2位:米国

順当
 

▼3位:英国

EU離脱懸念により
大幅に通貨安になりました。
来年は間違いなく大幅ダウンでしょう。

 

▼4位:スウェーデン

理想の高福祉高負担国家
税は高いが社会保障が充実している。
やはり社会保障の安心は豊かさには必要なのか。
 

▼5位:ベルギー

意外な結果です。
EUの主要機関が多くおかれ
EUの首都と呼ばれている。
通信・金融網は地球規模とのことなので、
やはり金融が発達している国が豊かなのか。
 

▼その他

意外にドイツが18位と低いです。
中国やインドがランクインしていないところを見ると
人口が少ない方が国民は豊かである可能性が高く
国と国民の豊かさは別物というところでしょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 - 統計