財務省の「財務大臣になるゲーム」で日本の未来を考えてみた

      2016/05/03

 
試しに支出を全部MAX削減して
増税なしにしたのですが、
クリアできませんでした。
 

▼クリアするだけなら

社会保障-30%
財政改革+30%
これだけでクリア可能です。
 

▼どう改革すればいいのか?

▼社会保障

突出して高いので
これを減らさないことにはどうにもなりません。
 
健康保険の負担割は一律3割負担にする。
年金と生活保護の予算を決めて
基本的には頭割りで支給。
 

▼租税回避対応

ここから税収が見込める様になれば
社会保障も手厚く出来ます。
 

▼地方交付税交付金

次に高いのがこれ
合理化すると都市部に
集約化されるのは当然と言えます。
 
地方は自立するべきなので
徐々に減らし最終的には
現在の1割程度にする。
 
自立が無理だと言うのであれば
誰も住まなければいいだけの話である。
 
現状のままでやっていけるなら
誰も努力なんかしません。
必要に迫られないと
改革なんて起こらないです。
 

▼財政改革

財務省のゲームでは
増税したらダイレクトに税収が上がったが、
そんな訳はないのです。
増税したいだけの財務省の
アホ丸出しなゲームです。
 
毎年少しずつ減税していくことで
税収は増えていくのです。
 
減税したことによって
支出が伸びることがわかれば、
さらに減税しますと言っておけば
さらに効果も上がるでしょう。
 
毎年増税されると
お金を貯めたくなり、
お金を使わなくなりますからね。
 

▼感想

ここから出来ますが、
ゲームはやる価値がないです。
歳入、歳出がどうなっているかは
参考になるのでそれだけ見ればいいです。
 
こんなアホなゲームの開発に
お金使っているようでは
いくら増税しても足りないでしょうね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 - 雑記ニュース