インデックスバブルでもインデックス投資は効率がいいのか

   

今はどこもかしこもインデックス投資を推奨しています。
つみたてNISAなどで国までもがインデックス投資を推奨しています。
現在は信託手数料も下がり、インデックス投資をする人が爆発的に増えています。
 
 

インデックスバブルが起きている

インデックスファンドへの大量資金流入によって、株価にゆがみが生じています。
日本は特にひどいです。
国が購入している銘柄とそうでない銘柄で落差がはっきりしており、国が購入している株は割高になり、小型株は割安に放置されています。

日本以外はどうなのか?

「世紀の空売り」投資家のマイケル・バーリ氏はインデックスバブルが起きていると言っています。
ただ、インデックス投資額自体は増えてはいますが、インデックスバブルとは言えないレベルです。

インデックス投資が儲かる為の大前提

アクティブ投資している多くの人がいるからこそ儲かります。
全員がインデックスに投資したら投資対象が割高になり儲けられません。
 

インデックスバブルでもインデックス投資は効率がいいのか

短期的にはゆがみが大きいほど儲けられるアクティブ投資に優位性があります。
ただし、今度はゆがみによって儲けたアクティブファンドに資金が集まります。
そうするとゆがみが少なくなりアクティブ投資は儲からなくなっていきます。
そうなればインデックス投資の優位性は戻ります。
 
結局は周りに流されずインデックス投資を続けられれば短期的にはアクティブ投資に負けることになっても長期的にはインデックス投資の方に優位性があります。
 
全員がこの考えだと儲けられませんが、短期視点な人が多いので実際はそうはならないでしょう。
 
結論
多くの人はインデックス投資の積み立てがベター
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 -