【FX業者】実現損益、確認しやすさランキング!節税ミスを減らす

   

恥ずかしながら、今年2か所も事前計算した実現損益と実際の年間損益報告書にズレがありました。
 
数年前にズレが発生したことを教訓に、それ以降一度見直しを実施しています。
それなのに今回は2か所もミスがありました。
 
なのでFX業者を選ぶ基準として、実現損益の確認しやすさも重要だと認識しました。
 
年間損益報告書はどこのFX業者も簡単に確認できる為、今回は節税目的で実現損益の確認しやすさに焦点を絞ったランキングです。
 
 

【FX業者】実現損益、確認しやすさランキング

ランキング対象は私が使用しているFX業者限定です。

5位:SBI FXトレード

ズレが発生した口座です。
 
『照会』⇒『取引報告書』で確認できます。
期間損益を確認できない為、月次合計を足して計算しています。
 
1月の月次報告書は1/1からではない為、日次取引か前年の12月分を確認する必要があります。
 

4位:GMOクリック証券

『マイページ』⇒『電子書類閲覧』で確認できます。
『カテゴリ』で『取引残高報告書』を選択してから月次報告書を足して計算しています。

3位:みんなのFX

【FX業者】実現損益、確認しやすさランキング!節税ミスを減らす
『報告書』⇒『期間損益』を選択して確認できます。
期間損益を確認するだけなら非常に楽です。
ただし場所がわかりにくかったです。
 
報告書を選択するとデフォルトで『日次、月次、年次』が選択されているのですが、その右に『期間損益』というものがあります。
それを選択してからじゃないと期間損益が確認できません。
 
最初これに気が付かず、『日次、月次、年次』を選択した状態で月次報告書の取引きデータを一取引ずつ足して計算して、なんで合計がないんだと憤っていました。
まさか別項目にあるとは・・・
 

2位:DMM.com証券(DMM FX)

『メニュー』⇒『報告書』⇒『期間損益報告書』で確認できます。
 
普通に便利です。
ただ1位である『ヒロセ通商』と比べると日付を入力するのがめんどくさいです。
 
DMM FX

1位:ヒロセ通商(LION FX)

『その他情報』⇒『報告書ダウンロード』⇒期間を指定して『損益計算書を表示』で確認できます。
期間指定が月単位となっており、実現損益を確認するなら一番です。
 
 
 

もし計算ミスをして年間で損失が発生した場合

FXは損失が出ても3年分繰り越せます。
 
確定申告で『分離課税の所得』⇒『先物取引に係る雑所得等』⇒『差金等決済に係る利益又は損失の額』に-(マイナス)を付つけて記入すればOKです。

もし計算ミスで想定より多く利益が発生した場合

あきらめて税金を払って下さい。
来年以降の税金を安くできるとポジティブに考え切り替えていきましょう。
 
 
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 - FX