SBI証券の一般信用売り(短期)クロス取引用カレンダー(2019年)

      2019/01/03

クロス取引用一般信用売り(短期)(15日)カレンダー
2019年
SBI短期(15日)
新規建発注可能日時
下記日付の19時以降
権利付き最終日
権利落ち日
1月
1月7日(月)
1月28日(月)
1月29日(火)
2月
2月4日(月)
2月25日(月)
2月26日(火)
3月
3月5日(火)
3月26日(火)
3月27日(水)
4月
4月3日(水)
4月23日(火)
4月24日(水)
5月
5月8日(水)
5月28日(火)
5月29日(水)
6月
6月5日(水)
6月25日(火)
6月26日(水)
7月
7月8日(月)
7月29日(月)
7月30日(火)
8月
8月7日(水)
8月28日(水)
8月29日(木)
9月
9月4日(水)
9月26日(木)
9月27日(金)
10月
10月7日(月)
10月29日(火)
10月30日(水)
11月
11月7日(木)
11月27日(水)
11月28日(木)
12月
12月6日(金)
12月26日(木)
12月27日(金)
※2019年4月末は天皇陛下の退位に伴って祝日となる為、権利付き最終日が早くなる。
※2019年7月16日(火)から権利付き最終日が3営業日→2営業日前となる。
 
▼カレンダーの例
期限が15日間ですので、
1月7日(月)19時以降に注文した場合、1月8日(火)が約定日となります。
1月29日(火)が権利落ち日となりますので現渡でクローズできます。
 
 

▼クロス取引(つなぎ売り)とは

価格変動リスクを減らし、
手数料(売買手数料+貸株料)のみで優待を取得する方法。

▼ クロス取引(つなぎ売り)のやり方

権利付き最終日までに対象銘柄の 信用売りと現物の買いをし、
権利落ち日に現渡をする。

▼いつ取引すればよい?

信用売りによる貸株料が発生する為、
権利付き最終日に取引することがコスト的には好ましいが
人気優待銘柄は新規建発注可能日時から数分で
売建受注枠がなくなり取引できなくなる為、
早目に取引する必要があります。
 
 
▼関連記事

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 -