FXサヤ取りで致命的な失敗を減らす3つの方法

      2019/11/29

FXのサヤ取りで致命的失敗とはリスクの取りすぎで強制決済されてしまうことでしょう。
一方的に相場が動いた時、片方のポジションにはたっぷり資金があったとしてももう片方はギリギリの状態だったりすることも多いでしょう。
今回はこういった状態を減らす3つの方法を紹介します。
 

致命的な失敗を減らす3つの方法

FXサヤ取りで致命的な失敗を減らす3つの方法

出金を可能な限り早めにする

出金には時間がかかります。
業者によりますが、だいたいの業者は15時までに出金依頼をすれば、翌日に出金され、それ以降だと翌々日になります。
 
相場の動きが一方的だった場合、出金1日の遅れが致命的になります。

ポジション比率を調整する

サヤ取りの理想のポジション比率は
  • 買いポジション:1
  • 売りポジション:1
  • 待機資金:1
の3分割です。
3分割にすると維持率が低くなり不安になるかもしれませんが、待機資金が少ない方が危険です。
 
入金は出金と違い即入金できる業者が多い為、ポジション比率を考慮することによりリスクコントロールが容易になります。

レバレッジを低くする

サヤ取りは為替変動リスクがない為、リスクを取れば取るほどダイレクトに利益が増えます。
その為、ついハイレバレッジにしてしまいがちになります。
 
平常時はそれでいいのですが、相場が一方的に動いた時に強制決済されてしまうのである程度のレバレッジに抑えておくのがよいでしょう。
 
だいたいレバレッジ6倍ぐらいが目安です。
相場が荒れている場合はさらに減らします。
 
これ以上のレバレッジでも大丈夫なことも多いですが、一生続けるならこのぐらいにしておかないと10年に一度の相場なんかで強制決済になったりすると馬鹿らしいですからね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 - FX